ベネッセハウス
こんにちは。

5回目です。今日は、香川の直島にあるベネッセハウスの紹介です。
安藤忠雄さん建築の宿泊施設付の美術館です。
c0010794_1452563.jpgc0010794_14525559.jpg








予約が一杯で、取るのが非常に大変でした。
価格も結構しますが、宿泊者しか入れない所や、ラウンジがあるので
直島に行った際は、ベネッセハウスに宿泊することをオススメします。

安藤建築に一晩でも、滞在できるのは、何とも心地よく、雰囲気が良いです。

美術館は、好きな時間に見ることが出来ます。
私は、夜22:00頃と、早朝 8:00頃に、2回見学をしました。
c0010794_1575884.jpgc0010794_1582927.jpg








現代アートを中心に、館内や周辺の至るところに、美術品が展示して有ります。
宿泊施設は、山の中腹と、山頂に位置し、二つの間をリフトカーで移動します。

中腹の建物に、美術品の展示、ホテルの受付、CAFE、SHOPが有り
山頂の建物には、ラウンジと宿泊施設が有ります。
c0010794_15165490.jpgc0010794_15183389.jpg








夜に着いたので、入り口が分かりにくくて、大変でした。(笑)
安藤さんの建築らしく、長いアプローチが作られているからです。

空間の美しさとともに、好きなときにアートに触れることが出来る
そこが素晴らしいなあと思いました。

c0010794_15422531.jpg全室にテラスが付いていて
直島の絶景が見れます。

東京はもちろん、香川の中心地から遠く
離れた直島は、フェリーなどでの移動を
含めた工程を通していい意味で、人里離れた感覚
というか世間から、隔離されたくつろぎを
感じることが出来ます。

(部屋にTVが無いことなども影響しているかもしれません)

好きな時間にアートに触れ、世間の喧騒から離れて
くつろぐことが出来ます。そうした空間に、安藤さんの建築は
とても相応しく、心地よい空間でした。

直島に行かれる方は、ベネッセハウスに宿泊されることを、オススメします。
[PR]
by aalto-aino | 2005-09-20 15:46 | Design
<< 地中美術館 イサムノグチ庭園美術館 >>