カテゴリ:Design( 23 )
香川県庁舎 東館
こんにちは。

3回目です。香川県庁舎の建物です。
1958年に建築された庁舎と、2000年に完成した新庁舎で構成され
いづれも、丹下健三氏の建築です。
c0010794_1814891.jpgc0010794_1815991.jpgc0010794_184059.jpg










隣り合って、並んでいるのですが
それぞれが融合しあって、素晴らしい建物です。

旧庁舎の方は、表面の色が、違うので分かりますよね。
広島平和公園の建物と同じように、この時代特有の雰囲気を持った建物でした。

旧庁舎の一階の入り口は、大きなピロティになっていて
迫力のある空間です。
c0010794_18182176.jpgc0010794_18183263.jpgc0010794_1818441.jpg










ロビーの壁には、高松出身の猪熊弦一郎画伯による「和敬清寂」という
4種の壁画を見ることが出来ます。そして、剣持勇さん作の家具もあります。

1958年に建築されたこの建物には、独特の雰囲気と、重厚感があり
訪れたことの喜びを、強く感じることが出来る建物でした。
[PR]
by aalto-aino | 2005-09-15 18:35 | Design
東山魁夷せとうち美術館
こんにちは。

2回目です。香川県立東山魁夷せとうち美術館です。
こちらも、谷口吉生さんの建築です。

日本画家 東山魁夷画伯の作品を展示する美術館で
瀬戸大橋のたもとにある、素晴らしい景色が見れる美術館です。
c0010794_13185774.jpgc0010794_13342282.jpg








長いエントランスの通路を通って、館内に入ります。

作品の鑑賞の後に、CAFEに立ち寄ると素晴らしい絶景が見れます。
エントランスや、鑑賞空間からは、全く見えなくて、遮断されています。

そのため最後に見る絶景をより、素晴らしく感じることが出来ます。
c0010794_1331377.jpgc0010794_13314750.jpg








規模としては、MIMOCAに比べて大きくないのですが
小さいなかでも、借景の要素含めて、建築作品としての大きさ
迫力を感じる美術館でした。
[PR]
by aalto-aino | 2005-09-15 13:36 | Design
MIMOCA
こんにちは。

またまた久しぶりの更新です。
香港の記事が途中になってしまいましたが
時間が経ってしまったので、香港の記事はSTOPします。

香川、岡山、広島、山口、福岡の建築、名所の訪問に行ってました。
見てきたところについて、少しづつ、紹介します。

一回目は、香川県の丸亀にある、MIMOCA(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館)です。

この美術館は、谷口吉生さんが、猪熊画伯との共同作業で、設計を進めた美術館で
施設、対応、観覧料金など、あらゆる面で、壁が少なく、子供から大人まで
肩ひじ張らずに、美術に触れることが出来る、素晴らしい美術館でした。
c0010794_12521093.jpgc0010794_12533715.jpg










丸亀の駅前にあるのですが、かなり目立つ建物です。
c0010794_1253521.jpgc0010794_12555969.jpg








ファサードには、大理石で出来た大きな壁画があり
3つのオブジェに、実際に触れ、楽しむことが出来ます。

かなり迫力のある空間になっています。

美術館には、美術図書室や造形スタジオ、噴水の見える屋上広場
Cafeなどが有ります。

美術館の空間や、作品の数々、画伯のコレクションなどを実際に
見学することで、イサムノグチや、イームズ夫妻など
沢山のアーティストたちとの親交のあった画伯の人柄を
感じることができて、とても感慨深いものがありました。

東京でやっていた、谷口吉生のミュージアム展も、もう一度
丸亀で見ることが出来て、嬉しかったです。
[PR]
by aalto-aino | 2005-09-15 13:08 | Design
Duravit
こんにちは。

最近は、様々な建築物や、cafeに行くことが多いのですが
以外に気になるのが、洗面台や、トイレのデザインです。

空間的に素晴らしいと、それに応じた
美しいデザインを求めてしまうところが、ありますよね。
c0010794_1722024.jpg空間的にこだわった空間なのに、トイレが普通だったり
あまり綺麗でなかったりすると、がっかりしたり。。
(左の写真は、Duravitの洗面台)

逆に、空間が豊かだったりすると、あまり気にならなかったり。

空間に対する豊かさの感覚は、五感のどこから
来るのか分かりませんが、何か居心地のいい感じが
欲しいですよね。

谷口吉生さんも、講演会の際に、感覚として
「心地よい、気持ちがいい」と感じさせる空間づくりを
することが、もっとも難しいと、仰ってました。


自分でSHOPをやる場合、絶対的に「心地よい」「空間が豊か」と感じて欲しい
ですし、洗面台や、トイレにも、こだわりを持ちたいですよね。

少しづつ、いろんなものを見てきて、落ち着いてきたというか
流行とかじゃなくて、こういう空間にという感じが、出てきました。

しかし、店舗の面積の広さや、ディテールにかけるCostは
比例してあがる傾向があるし、Costをかければ、それなりの空間が出来るかも。

でも、Costをかければ豊かな空間になるかというと、そうでは無い気がします。

それとは、別に集客したり、お客様に評価してもらうために
重要な要素が、他にも沢山ある訳ですよね。(当たり前ですけど)


きりが無いので、自分が一番にこうしたい!というものを
List upしとく事にしました。

私の中で、Shopに使いたいBestな洗面台は、Duravitです。(笑)
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-29 17:47 | Design
広島市環境局中工場
こんにちは。

谷口吉生さん設計による「広島市環境局中工場」です。
2004年2月に完成した新しい建築です。早速行ってきました。
c0010794_045610.jpgc0010794_083628.jpg
今回の計画の中で
一番楽しみでした。
広島中心部から
20分位のところです。


海近くの工場地帯に、突如近代的な巨大建築
が出現します。 遠くからでも目立つ建物です。
c0010794_055270.jpgc0010794_0684.jpgc0010794_0114833.jpg
エントランスの
巨大な空間の迫力
と素材感の美しさが
素晴らしいです。

清掃工場とは思え
ない雰囲気です。

c0010794_0152972.jpgc0010794_0154788.jpgc0010794_0155924.jpg
工場の無機質な
設備も美しく見え
谷口建築の
素晴らしさを
体感出来た
気がします。


c0010794_0211627.jpg空間そのものは、ものすごく美しく、こだわりを感じる空間
ですが、Spot lightは建築だけじゃなくて
工場の設備の巨大さや、無機質さに目が行くように計算されてます。

回廊のような空間は、清掃工場を見学するspaceで
Ecology+Atrium=Ecorium(エコリウム)といいます。
c0010794_031479.jpgc0010794_0312571.jpg
煙突まで、造形
されてます。
こんなに綺麗な形
の煙突は、初めて
みたような。。

子供達が、沢山
見学に来る様な
そんな雰囲気では
無いですけど、私にとっては、清掃工場とは、思えないほど、心地よい空間でした。

谷口吉生のミュージアム展を見た直後に、この場に行けたことを
すごく幸運に思ってます。2004年の完成ですから、まだ新しいSPOTです。

見学は、無料ですので、広島に行かれたときは、足を運んでみてくださいね。

今は何位でしょう?⇒人気ブログランキング
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-28 00:51 | Design
宮島
こんにちは。

宮島ですね。広島から、車で一時間くらいです。
宮島口の駅から、フェリーで移動するんです。
c0010794_22545522.jpg
遠くに見える鳥居が、段々大きくなって
赤と緑とのコントラストが綺麗です。

ただ写真見てもらうと、分るんですけど
大鳥居が水に浸かってないんです。

いつもだと、神社まで、水が来てるんですけどね。
水不足の影響でしょうか?少し残念でした。
c0010794_22593627.jpgc0010794_2301211.jpg

フェリーで行くのって、いいですよね。
あまり無い事だし、特別なところに
行くって、心の準備が出来て
ワクワクしますよね。



c0010794_2365687.jpg少し時間が足りなくて、厳島神社には、行かずに
フェリーで往復して、帰りました。

厳島神社まで、結構、距離が有って、もみじ饅頭売ってたり
楽しいんですけどね。残念でした。


c0010794_23101069.jpg車に乗るとき、猫ちゃんに会って
帰りに広島に向かって走っていたら
線路沿いに、変わった建物が!

目が釘付けになってしまいました。
運転してたので、じっくり見れなかったのですが。。

帰って調べたら、なんと、Floatと同じ
建築家の方が、建てた建物でした。

広島は、美術館も充実してるし
街中に何気無く、イサムノグチの作品があったり
突然すごくおしゃれな美容室が出現したり、面白い街です。

歴史と、現代がしっかり同居してますよね。
私たち旅行者から、すれば、さほど広く無い
地域に見るものが沢山有って
駐車場代が、すごく安かったりして、うれしい街です。

今は何位でしょう?⇒人気ブログランキング
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-27 00:20 | Design
広島市現代美術館
こんにちは。

広島市現代美術館
黒川紀章さんの設計による美術館です。
小高い丘の上にある美術館で、丘の上から見る広島の風景は
なかなかです。広島中心部から、10分くらいのところです。
c0010794_10302283.jpg現代美術館なので
比較的新しい作品を見ることが
出来ます。

私が行ったときは、
「流行するポップ・アート」「そして、未来へ」2つの
展覧会がやってました。

c0010794_10442444.jpgc0010794_10443671.jpg
でも展覧会の料金が
各1030円なので
両方見ると2060円!
少し高いですよね。


c0010794_10531689.jpg岡本太郎さんの「若い夢」という作品(左の写真)と
池田満寿夫さんのリトグラフが見たかったのですが
常設展がお休みだったので、中には入りませんでした。

館内には、Cafeもあって、楽しい空間です。
平日にも関わらず、来館者が多い様子でした。

広島県立美術館より、私は、広島市現代美術館の方が好きです。
路面電車でも行けますので、楽しいですよ。

まだまだ広島の名所続きます。あと2回です。

今は何位でしょう?⇒人気ブログランキング
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-26 10:59 | Design
平和記念公園
こんにちは。

丹下健三さんによる、平和記念公園です。
ここの場に立つと、神聖な気持ちになる空間です。

空間の迫力と、ディテールにこだわりある、驚きの数々は
本当に美しいです。1952年に完成というのは、本当にすごいです。
c0010794_1714065.jpg今回は昼間に行ったのですが、子供達がたくさん
来ていました。

説明員の方の説明を、横で盗み聞きしました(笑)

空間の大きさを、写真では、伝えきれないです。
現場で見ると、非常に心を動かされます。
(写真は、資料館の建物です。)
c0010794_1771893.jpgc0010794_1774449.jpg空間のスケール感が
非常に素晴らしい
ですが、建物の美しさ
もすごいです。
少し迫力伝わりますかね?


c0010794_17101433.jpgc0010794_17103671.jpgそして、ディテールの美しさで言えば
これですね。RCの素肌の美しさ。
そして、柱の太さの変化や、形状の美しさ
すべてが、美しく、驚かされます。

汚れがあまり無いのは、なんでですかね?
清掃とか定期的にしているんでしょうか?
不思議です。

c0010794_17224518.jpgc0010794_1723319.jpg記念館側から
慰霊碑を見ると、平和の灯と
原爆ドームが綺麗に
重なります。



ものすごく考えられて、作られてるし
空間が愛されていますよね。

平和の灯の台座は、手を広げた形を造形されて
火は、1964年の点火以来、消えていないそうです。

この空間に行ってみて、迫力、心地よい空間だと
心に感じること。そして、どこか繊細に作られた部分を
読み取ること。そのことが、とてもうれしく感じました。

まだまだ広島の名所が続きますよ。

今は何位でしょう?⇒人気ブログランキング
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-25 17:37 | Design
イサムノグチ2
こんにちは。

イサムノグチの平和大橋のディテールです。
c0010794_1355559.jpgc0010794_13552089.jpgc0010794_13553873.jpg
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-25 14:10 | Design
イサムノグチ
こんにちは。

広島の続きです。広島の町は、そんなに広くないところに
いろんなものが、あるので楽しいです。

今日も、引き続き紹介しますね。
原爆ドームです。既に、5回くらい見ています。
c0010794_11165061.jpg
広島に行くと、必ず行ってしまいます。

広島県物産陳列館として、使われていたそうで
写真が有りましたが、綺麗な建物が、投下後に
こんなに変化してしまう、なんて、考えさせられます。

平和記念公園の近くに、イサムノグチがデザインした橋が有ります。
c0010794_11175841.jpg平和大橋と西平和大橋です。
写真は、平和大橋です。1952年に完成したもので
このデザインが、当時は議論を呼んだそうです。

平和記念公園のデザインをした丹下健三さんも
「平和記念公園を引き立てる立派な橋だ」
と賞賛されたそうです。

欄干とか表面は、劣化しているのですが、論議を読んだ
奇抜なデザインに新しさを感じるのは、不思議です。

でも街にも溶け込んでいて、イサムノグチの先見性を
感じさせるデザインでした。

明日は、平和記念公園の写真をUPしますね。

今は何位でしょう?⇒人気ブログランキング
[PR]
by aalto-aino | 2005-06-24 11:21 | Design